OLから看護師への転職記
〜山あり谷あり転職記〜

    看護師国家試験の情報交換のための掲示板を開設しました!
       気軽に書き込んでくださいね。
OL時代

OL時代:看護師になろうと思ったきっかけ2

スポンサード リンク

 こうして、私は自分の人生についても考えるようになった。今まで若かったこともあり、自分は薄っぺらな楽しみやいわゆる人並みな幸せばかりを追求していたような気がしてきた。しかし、色々な人の本を読んでいるうちに、人生それだけではないような気がしてきたのだ。もっと違う人生を送りたくなっていた。もっと、自分のやりたいことを一生懸命やり、輝いているような人生を生きたくなってきたのだ。

 自己啓発本などを読んでいると、自分の好きなことをやって生きている人は、とても楽しそうであり輝いているような気がした。果たして今の自分は輝いているだろうか。私は、確かに今の職場環境には恵まれている。毎月きちんとお給料ももらい、所長にも信頼してもらい仕事を任せてもらっている。人間関係にもやりがいにも申し分はない。とても安定している。でも、これは私が心のそこからやりたいことではない、という思いが出てきたのであった。

 そんな時、昔からの親友みーちゃんが私にある話をしてくれた。実は私は、高校生の頃から憧れていたことがあった。それは青年海外協力隊に行く、ということだった。でも、大学も卒業してしまい、就職もしてしまった。もうほとんどあきらめていた夢だ。でも、昔から日本を飛び出してみたい、という夢を持っていた私は、大学のころから就職してもずっと英会話だけは続けていた。旅行も含めて、いつ海外に行くことになってもいいように、という思いがあったからだ。みーちゃんも海外協力隊に興味があり、近くで開かれた説明会に行って来たのだという。

 実際行動に移したみーちゃんを、私はすごいと思った。私は行きたいといいながらも、一度も説明会に行くこともなかったからだ。話を聞くと、ボランティアと言えども、けっこう競争率が高いということだった。しかも、何か専門的な技術を持っていないと非常に厳しいという現実であった。みーちゃんいわく「看護婦さんとかはやっぱり有利らしいよ」とのこと。“あ〜ぁ、やっぱりここでも手に職か。妹はいいなー、こういうとこでも使えて”と心底羨ましく思ったものである。しかし、私はこの時点では、それでは自分が看護師になろう、とは全く考えもしなかったのだ。

 またある時、ある自然治癒力について書かれた本にとても感動したことがあった。しかし、その本はちょっと専門的で、素人の私には難しい部分もあった。その時も思ったのである。“医療を専門的に勉強した妹なら、もっと理解できるのかもしれない”と。やはりここでも妹を羨ましく思った。しかし、やはりこの時点でもだからといって私が看護師になろう、という発想には至らなかった。

 そんなこんなで月日は流れていった。表面上自分でも気づかなかったが、このような事柄や色々な本に影響を受けていた私の中で、一つ一つの要素が料理の材料のように放り込まれ、静かにふつふつと私の本当の思いとして育ち、人生の契機になる瞬間を待っていたのだと思う。


スポンサード リンク



就職前(大学時代)
大学生のときの私 

OL時代
社会保険労務士事務所 就職後  看護師をなろうと思ったきっかけ1  看護師になろうと思ったきっかけ2  看護師になろうと思ったきっかけ3  看護師になろうと思ったきっかけ4  看護学校選び  看護学校受験  看護学校受験・合格発表日 

看護学校時代
看護学校に入学  保健師という目標  看護学校の生活  看護学というもの  恐怖の看護実習  精神科の実習で  保健師学校・推薦入試の失敗  保健師学校受験に向けて  いよいよ保健師学校受験!  保健師学校合格!  いよいよ看護師国家試験  看護学校卒業 

看護師転職記へのメール
メールお待ちしております!
嬉しかったメール(2009/1/1〜)
嬉しかったメール(2007/1/1〜2008/12/31)
嬉しかったメール(2006/4/1〜12/31)
嬉しかったメール(〜2006/3/31)

リンク
看護師関連リンク  遠回り受験お役たちリンク  資格取得支援リンク  通信教育講座リンク
無料素材リンク 

たび猫シリーズ
妊娠・育児
マタニティ日記
看護師・保健師
看護師転職記 保健師学校の思い出 看護師のお仕事!
看護師のお悩み相談室 ナースの休憩所
看護師国家試験・情報交換所
海外旅行記
プラハ旅行記 イタリア旅行記 ポルトガル旅行記
ギリシャ旅行記 南欧・モロッコ旅行記 みんなの旅行記
国内旅行記
福岡旅行記 長野旅行記 那須・鬼怒川旅行記
子連れ家族旅行記(国内編)
たび猫
読書・食べ歩き日記
旅行大好き・たび猫!ホーム
ネット以外のお友達
カンボジア&タイ旅行記