OLから看護師への転職記
〜山あり谷あり転職記〜

    看護師国家試験の情報交換のための掲示板を開設しました!
       気軽に書き込んでくださいね。
看護学校時代

看護学校時代:看護学というもの

スポンサード リンク

 それともう一つ驚いたことがあった。“看護学”というものであった。この世に“看護学”という存在すら知らなかった私は、まずそれに驚いた。よくよく考えてみれば、私は看護師になると決めてから、入学するまであっという間で、しかもよく看護師の仕事の内容など知らずにここまで来てしまった。なんともお気楽な話であった。

 私の中で看護師の仕事とは、注射をしたりお医者さんの介助をしたり、あとは下の世話をするといった知識しかなかったのだ。とにかく、人が嫌がることも嫌な顔をみせずにする偉い人たち、といったイメージしかなかった。

 しかし、入学してみると、病態といった専門的な知識の勉強の他に、私が思ってもいなかった“看護学”といった授業が多くあったのだ。この授業で要するに“看護の心”というのを叩き込まれた。これによって、私が思っていたよりもどうやら看護とは奥が深いらしい、ということに気がついたのだ。

 まず、看護学の立場からしてみれば、注射や医師の介助などというものは、看護の仕事の中では些細なものらしく、看護の醍醐味とはそんなところにあるものではないらしい。これが驚きだった。世間の多くの人も私のように思っているのではないだろうか。

 看護とは、一言で言うのはとても難しいが、私が思うに、「看護とは、病気で何らかの障害や不利益を受けている人が、ほんの少しでもステップアップするのを手助けしてあげる仕事」だと言える(違う、と言う人もいるだろうが)。ということは、患者さん一人一人によってステップアップは異なるので、できることは千差万別であるのだ。

 患者さんによっては、痛みを取り除いてあげることかもしれない、あるいは話を聞いてあげることかもしれない、あるいは医師との間を取り持つことかもしれない、あるいは患者さんの異常にいち早く気づくことかもしれない、あるいは安らかな死を看取れるよう援助してあげることかもしれない・・・etc.というようにだ。なんて奥が深いんだろう!!しかし、やりがいはあるではないか、と感動したのであった。

 注射や診察の介助、おむつ交換などの仕事であれば、訓練すれば誰にでもできる。しかし、看護とはそれだけではないのだ。いかに患者さんのことをわかってあげられるか、その人のセンスが問われるのだ。やることはいくらでもある。病院や科によっても求められることは違うのだ。これは、私が看護学校に入ってから初めて知ったことであった。

 世間の人たちにも、看護師とはこのような気持ちで仕事をしている(はず)というのを少しでも知ってもらえたらいい、とこの時私は思った。多くの人は、私のように看護師の仕事を誤解しているように思うからだ。この文章を通して、一人でも多くの人に、このことが伝わることを願っている。


スポンサード リンク



就職前(大学時代)
大学生のときの私 

OL時代
社会保険労務士事務所 就職後  看護師をなろうと思ったきっかけ1  看護師になろうと思ったきっかけ2  看護師になろうと思ったきっかけ3  看護師になろうと思ったきっかけ4  看護学校選び  看護学校受験  看護学校受験・合格発表日 

看護学校時代
看護学校に入学  保健師という目標  看護学校の生活  看護学というもの  恐怖の看護実習  精神科の実習で  保健師学校・推薦入試の失敗  保健師学校受験に向けて  いよいよ保健師学校受験!  保健師学校合格!  いよいよ看護師国家試験  看護学校卒業 

看護師転職記へのメール
メールお待ちしております!
嬉しかったメール(2009/1/1〜)
嬉しかったメール(2007/1/1〜2008/12/31)
嬉しかったメール(2006/4/1〜12/31)
嬉しかったメール(〜2006/3/31)

リンク
看護師関連リンク  遠回り受験お役たちリンク  資格取得支援リンク  通信教育講座リンク
無料素材リンク 

たび猫シリーズ
妊娠・育児
マタニティ日記
看護師・保健師
看護師転職記 保健師学校の思い出 看護師のお仕事!
看護師のお悩み相談室 ナースの休憩所
看護師国家試験・情報交換所
海外旅行記
プラハ旅行記 イタリア旅行記 ポルトガル旅行記
ギリシャ旅行記 南欧・モロッコ旅行記 みんなの旅行記
国内旅行記
福岡旅行記 長野旅行記 那須・鬼怒川旅行記
子連れ家族旅行記(国内編)
たび猫
読書・食べ歩き日記
旅行大好き・たび猫!ホーム
ネット以外のお友達
カンボジア&タイ旅行記